皆さまの歯の健康、体の健康のために当サイトをお役立てください! 
宮下歯科医院Facebookページもご覧ください!>>>

審美治療の種類と症例


ジルコニアクラクン
ジルコニアに陶材を焼き付けているので透明感があり、色・つや共に本物の歯に近い自然な美しさに仕上がります。
着色しづらいです。
プラーク(歯垢)がつきにくいので歯のケアが楽です。
金属アレルギーの心配がありません。


セラミック
自然で美しい仕上がりにすることができます。
金属アレルギーの心配はなく、腐食も起こりません。
セラミックは硬い陶質なので、力がかかる奥歯に用いる場合、欠けやすいという弱点があります。
硬い被せものなので、合着した後に定期健診でかみ合わせのバランスをみていく必要があります。


メタルボンド
金属に陶材を焼き付けて歯の色を出しています。
光を透過しないので、自然感はジルコニアに比べて劣ります。
金属アレルギーの原因になることがあります。
金属の色が透けて歯肉が黒く見えることがあります。


ゴールドクラウン
金属色が目立ちます。
割れにくいため、スポーツマンや強く噛みしめる方に適しています。
金属アレルギーの原因になることがあります。
柔らかい金属で歯にピタリとフィットし、歯と一緒に摩耗するので、保険の金属のように歯との段差ができにくく、汚れがたまりにくいです。


ゴールドインレー
割れにくいため、スポーツをする方、歯ぎしりやくいしばりなど強く歯を噛みしめる方に適しています。
金属アレルギーや腐食がほとんど起こりません。
柔らかい金属なので、歯にピタリとフィットし、歯と一緒に摩耗してくれます。
保険の金属のような周囲の歯との段差はできにくく、汚れがたまりにくいため、歯のケアも楽です。

保険の銀歯
安価で治療できます。
保険の金属は硬すぎて、長期間使う内に詰め物の周囲の歯質を傷めてしまう恐れがあります。
金属色が目立ちます。
腐食しやすく金属アレルギーの原因になりやすいです。
摩耗して減った歯と摩耗しない金属の詰め物の間に段差ができ、汚れがたまりやすくなって、新たなむし歯の原因になる恐れがあります。

審美治療の症例

shinbi-rei1shinbi-rei2

お知らせ(最新投稿記事)