皆さまの歯の健康、体の健康のために当サイトをお役立てください! 
宮下歯科医院Facebookページもご覧ください!>>>

歯を失った場合の従来の治療法

p3
ブリッジによる治療
インプラントが開発されるまでは、両隣の歯で支えるブリッジが唯一の固定式の修復方法でした。
ブリッジを作るにはブリッジを固定する為に両隣の健康な歯を削らなくてはなりません。
ブリッジのために削られた歯には失った歯の分の負担が生じるため、将来的に問題を起こしやすくなります。
骨の喪失によって、将来的にブリッジの下に見た目の悪いスペースができる可能性があります。
固定している歯のいずれかが溶けてしまうと、ブリッジを長くし、それを支えるために健康な歯をさらに削る必要が出てきます。

p4部分入れ歯による処置
部分入れ歯には不便な点があります。

部分入れ歯は、ピンク色のアクリル土台の上にプラスチックの歯を固定します。
部分入れ歯は留め金などによって固定されます。
必ずしも見た目よく仕上がるわけではありません。
止め金が健康な歯を傷つける恐れがあります。
治療法によっては、健康な歯を削る必要があります。

お知らせ(最新投稿記事)