皆さまの歯の健康、体の健康のために当サイトをお役立てください! 
宮下歯科医院Facebookページもご覧ください!>>>

インプラント治療とは

インプラント治療とは、手術によりあごの骨にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、人工歯をはめるものです。人工歯は天然歯と同様に見えるようデザインされており、人工歯根によって支えられます。
p1

インプラントとは、あごの骨に埋め込まれる純チタン製の小さなねじです。
人工歯、ブリッジ、入れ歯のための土台となります。
50年以上にわたり、研究・開発されている技術です。
あごの骨が失われるのを防ぐことが出来ます。
天然歯と同じようにあごの骨に固定され、自然な見栄えを実現します。

p-2
①天然歯の表面は、中の象牙質を保護するために硬いエナメル質で覆われています。歯の色や形は個人差があります。
②天然歯の歯根膜はあごの骨に歯根をしっかりと固定する役割があります。
③セラミック人口歯は、天然歯の色と形に合わせることが可能です。
④アバットメントと(支台)は、人口歯とインプラント体(人工歯根)を固定します。
⑤インプラント体は、強固な土台としての役割があります。表面は骨と結合するようにデザインされています。

インプラントは天然歯に次ぐものです。
p5 インプラントは部分入れ歯に代わる魅力的な選択肢です。
インプラントで支えられる人工歯は歯根の代わりとなり、あごの骨がやせ細るのを防ぐことが出来ます。
天然歯と同じような見栄え、機能が得られるよう設計されており、従来のスタイルを取り戻すことが出来ます。
メンテナンスを行うことにより、長期的にわたって機能と見栄えを維持することが出来ます。
両隣の健康な歯を削る必要がありません。

お知らせ(最新投稿記事)